ブログトップ

出島 ~いずしま~ 復興支援・応援ブログ

<   2011年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

スーパークールビズ

 今年の夏もまだ暑い。8月下旬でも30度を超える暑さ。ただ、今年の夏が楽なのは、節電の影響(効果?)で、スーパークールビズが世の中全体に大部浸透したこと。上着なし、ノーネクタイ、そして半袖シャツで客先訪問しても全然気が引けない。周りの方も皆そうだから。汗かきにとってはとても助かる。でも今年は半袖で外を歩くことが多かったので、例年になくドカタ焼けが凄い気がする。。。
 それと8月最後の土日には、被災地でも学校を超えた合同運動会が開催。スポーツの秋、食欲の秋がすぐそこまで来ている。

 岩壁にはかさ上げ用盛り土が・・・8月中旬
b0219534_1342771.jpg

 地盤沈下の影響での浸水がまだ酷い
b0219534_13435646.jpg

 大分、景色も変わってきたが、それでもまだまだ瓦礫の山が
b0219534_13431863.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-29 08:29 | Comments(0)

女川二中からの御礼の手紙

 二カ月以上前のことですが、他の方のブログで見つけた記事。改めて被災地や被災地の子供たちを支援している多くの方がいることを再認識。一方で大津波直後(女川で)のこんな生々しい証言も。
 *コルネット記事は早めに削除されることがありますので、その場合はご容赦下さい。
 それと昨日、シーパル女川汽船のブログに出島復興支援ブログのリンクを貼って頂きました。地元密着型の内容に感心しました。潮プランニング様、ありがとうございます。これからも出島・寺間への定期連絡船の運行宜しくお願いします。

 三年前の穏やかな出島の景色
b0219534_11261141.jpg

 これらの多くの船も
b0219534_11265181.jpg

 そして、、、
b0219534_11274868.jpg

 迷惑な?と思っていた濃霧も今見てみると。。。
b0219534_1129536.jpg


b0219534_11295046.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-26 08:26 | Comments(0)

隠岐の島でのひととき-女川四小・二中-

 夏休み前から楽しみだったと思いますが、出島の女川四小・二中の児童・生徒たちが「島根県隠岐の島で、ひと夏の経験・癒しが実現」を満喫。
 依然ほとんどの生徒たちも避難所生活を強いられているが、このような経験がこれからの人生のプラスになるはずなので多くの友達を作って欲しい(毎日新聞島根版でも)。
 一方で、子供たちにとってはちょっと重いかもしれないが、今後の本当の復興に向けた様々なことをこの世代に託さざるを得ない。。。

 今回はまた何枚か震災前の静かな出島の景色を(一部重複しているかもしれませんが)。。。
b0219534_132535.jpg


b0219534_1274277.jpg


b0219534_142050.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-24 08:24 | Comments(4)

サンマの水揚げもチラホラと

 お盆も過ぎた先週末は、テレビで岩手県宮古などで震災後初めての秋の味覚・サンマ水揚げのニュース。まさにこれから旬を迎えるサンマ漁だが、今年は三陸沿岸の多くの港、魚市場が被災し、依然として市場として機能できない状況が続いている。その中で「女川港に冷凍コンテナ到着」とのニュース(JNN系列)が。このコンテナは協賛の商社などから送られたものらしいが、最悪の状況も想定していた女川魚市場の関係者の方々もホッとしたことだろう。今年の女川港へのサンマの水揚げは去年の半分程度との見方だが、何とか復興の足がかりにして欲しい。

 女川の風景、ガレキは大分片付いているが、マダマダ復興までにはほど遠い・・・
b0219534_18334754.jpg


b0219534_18341347.jpg


b0219534_1834115.jpg

 オマケ?
b0219534_18332758.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-22 22:22 | Comments(0)

「想定外ではなかった大津波」、本当?

 土曜日夕方のTBSのニュース(特番?)で、1,000年以上前の貞観津波が取り上げられていた。
 貞観津波がどのようなもので、その教訓をもとに今回の震災ではどうすべきだったか等々。。。学識ある先生方が、建前論を繰り広げ、最後には「今回の津波は想定外のものではなかった。」とのコメント。必死に復興に向け前に進もうとしている被災地の方々の心境を逆なでしそうなコメントでは? 震災からの復興にはタラレバやベキ論は必要ないと思う。

 ちょっと前の画像なので、今は殆ど無くなってる家も多いと思いますが。。。
b0219534_13123389.jpg


b0219534_1312885.jpg


b0219534_13114799.jpg


b0219534_13113610.jpg


b0219534_13112275.jpg


b0219534_1311132.jpg


b0219534_13103898.jpg


b0219534_13102862.jpg


b0219534_1310995.jpg


b0219534_1394175.jpg


b0219534_1391992.jpg


b0219534_1385931.jpg


b0219534_1384313.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-21 08:21 | Comments(0)

震度5弱(M6.8)の余震

 今日も311の余震と言われる大きく、長い揺れがあった。宮城・福島では震度5弱とか。関東地方でも大分大きな揺れを感じた。また、発生時間が午後2時36分とトラウマになりそうな時間帯。。。
 被災地では復興に向けた地道な取り組み、作業が継続されている中、このような大きな余震が頻発すると精神的にチョッと参るかも。でも、自然現象には逆らえない。やはり、311の教訓を最大限活かすような行動とそのための準備が必要。
 一週間ほど前の毎日新聞の記事。これまでいくつもの出島に関するニュース・報道があったが、遅々としてなかなか進まない復興作業とのジレンマの中で島での養殖再開に向けた決断。
 もう一つ、これまでも何度かブログで紹介していますが、復興に向けた「オーナー制度」。今回の震災で甚大な被害を受けた地域のひとつ岩手県大槌町においても、早期復興に向けたオーナー制度「立ち上がれ!ど真ん中・おおつち」を積極的に進めて、ドンドン前に進んでいる。この制度は、今のような状況においては絶対必要な復興支援策だと思う、出島でも

 まだ、実家の近くのガレキが残っていた頃(今はもうほとんど何も無い)
b0219534_19543047.jpg

 なんか宮崎駿のアニメに出てきそうな感じの大木残ってる、確かにあった。
b0219534_21501244.jpg

 重機が入って、大分ガレキも片付けられている。
b0219534_2254194.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-19 22:22 | Comments(0)

セミの鳴き声

 今年の夏はセミの鳴き声が聞こえたのは大分遅かった気がする。最近の異常気象の影響なのか、ハタまた今回の震災の影響なのだろうか?
 ところで自分は、アブラゼミの鳴き声は、申し訳ないけど暑さを助長する感じがするのであまり好きではない(暑いの嫌いだから)。ミンミンゼミは時々脳天を突き刺すような感じもするが、何か夏的で良いかも。カナカナ(ヒグラシ)やツクツクボウシはその鳴き方が何か風情があって良いのだが、もうすぐ夏も終わりが近いかな?とちょっと寂しさを感ずる。
 ミンミンゼミやツクツクボウシ、小学生の頃、この神社の辺りで無造作にいっぱい採ったような記憶がある。それと、この神社への途中から見える出島の景色がとても気に入っていた。何か落ち着きます。

 この神社、、、
b0219534_075485.jpg

 好きな景色だったが、
b0219534_0102534.jpg

 この鳥居も。
b0219534_064052.jpg

b0219534_043362.jpg

 誰の写真?
b0219534_033393.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-16 08:16 | Comments(0)

もうひとつの甲子園、金子諒佑君(宮城広瀬高3年)、インターハイ弓道個人戦入賞おめでとう!

 連日テレビで報道されている夏の高校野球甲子園大会。一方で時期を同じくし野球以外のスポーツも高校総体(インターハイ)が開催されている。今年は東日本大震災の被災地、青森、岩手、秋田、宮城県で開催。そのインターハイで宮城広瀬高3年・金子諒佑君弓道個人戦で準決勝まで進出、入賞おめでとう!
自分などは全く縁のなかったインターハイ、そしてその大会での入賞は普段からの努力と精神力・集中力鍛錬の賜物です。
 今は亡きおじいちゃん、お母さんもきっと天国で喜んでると思う。これからも色んなことがあると思うけど、みんな応援しているから頑張れ!自分が思っている以上に多くの人たちが気にかけてくれているよ

 的を射ようとする真剣な眼差し&集中力。
b0219534_1651315.jpg


b0219534_1645093.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-13 23:23 | Comments(0)

311・・・震災後5ケ月でのケジメ

 8月11日で震災後5ヵ月が過ぎました。被災地の景色、被災者の方々の状況も大分変わりました。依然として、自分たちで瓦礫撤去をしている被災地、仮設住宅での生活の戸惑い、復興に向けドンドン前に進んでいる地域、地震、津波に伴う3次被害による風評被害に苦しめられている地域。どの被災地も今後も復興に向けた支援が欠かせない状況。
 今でもまだ4,600名超の方が行方不明になっている。ご家族、親族、知人の方々は望みを捨てず、何らかの手掛かりを見つけようとしているはず。
 「初盆」を前に何とか亡き父の納骨を済ませることができた。震災後5ケ月でのケジメ。当日の出島は暑く、お墓まで遺骨を運ぶだけで汗だくになりました(自分が汗かきなだけなのですが)。本当かどうかわかりませんが、伯母たちの話では納骨前夜に父が何人かにお別れの挨拶に来たとか(残念ながら自分の所には来ませんでした)。
 島に渡る時の船から見た綺麗な海と海岸からお墓まで行く途中でみた複数の重機により淡々と進められている瓦礫撤去作業の光景のコントラストが何とも微妙で印象的。改めて、いろいろな事を変えれる1,000年に一度のチャンス。

b0219534_18571152.jpg


b0219534_18513384.jpg


b0219534_1350734.jpg


b0219534_18593875.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-11 08:11 | Comments(0)

電気・水道のインフラ復旧しても、まだまだ?

 島に重機が入って、瓦礫の撤去作業が大分進んでいるものの、やはりまだまだ多くの瓦礫が残っている。とにもかくにも瓦礫撤去作業をすることにより、次に進めるような気がします。
 また、普段は余り気にしない面白いものが定期連絡船の中にも(下の写真)。
 まだまだ、復興に向けた多くの努力が必要な状況に変わりはないのか。

b0219534_11107.jpg


b0219534_14332.jpg


b0219534_185596.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-08-08 08:08 | Comments(0)

宮城牡鹿半島の付け根に位置する小さな離島も東日本大震災で壊滅的な被害。復旧・復興に向け何とか応援したい!