ブログトップ

出島 ~いずしま~ 復興支援・応援ブログ

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ネット連携支援の輪

 数日前の新聞記事。311震災直後に安否情報確認や被災地情報の発信など、既存の新聞、テレビ、ラジオとネットが、それぞれの強みを発揮しながらも、急速に連携の輪が拡がったとのこと。これは、やはり単独のメディアでカバーできる範囲は限界があるので、相互に連携しながら普段ではあり得ない速度での連携と支援の輪。
 一方、ある被災地での「震災直後に最も役に立ったメディアは?」とのアンケートでは、ほぼ全員が「ラジオ」、「衛星電話」、「人づて」との回答、ネットはゼロだった。まあ、震災直後は電話もパソコンも繋がらなかったので当然の結果か。支援物資も同じであるが、本当に被災地で必要な情報発信が行われているかも疑問である。

 ”ガンバレ寺間”
b0219534_146867.jpg


b0219534_1463751.jpg


b0219534_147558.jpg


b0219534_1474650.jpg


b0219534_1410474.jpg


b0219534_14323280.jpg


b0219534_158519.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-30 12:30 | Comments(0)

海猿の海中捜索

 今朝は久々にNHK「あさイチ」をチラッとみた。テレビや映画化もされた海上保安庁の潜水士「海猿」たちが三陸沿岸の宮古、気仙沼、南三陸、女川などの湾で依然として海中捜索を継続している様子が放送されていた。その時の映像は船越湾での捜索の様子。20代中心の海猿たち、一日約6時間の海中捜索を、時には一週間位続けるらしい。地元の人たちの「何とかxxを見つけて欲しい。」との期待を一心に背負って、彼らも「これは自分たちにしか出来ないので、地元の人のためにも少しでも多く見つけたい。」と視界の悪い海中で過酷な作業を続けている。
 時間の経過とともにいっそう捜索がむずかしくなってきているが、被災者の方々の少しでも役に立ちたいとの気持ちと使命感から。

b0219534_11275424.jpg


b0219534_11291196.jpg


b0219534_1129327.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-27 12:00 | Comments(0)

暑さ寒さも彼岸まで

 ”暑さ寒さも彼岸まで”、この秋の彼岸はまさにその通りで、今日は関東地方も過ごしやすく、清々しい天気だ(今のところは)。
 ところで、今回の台風15号直撃は311被災地も大変だったことだろう。自宅だけでなく避難所や仮設住宅からの避難勧告・指示、女川の仮設住宅の床上浸水などNHKが何度も報道していた。ちょっと前から引っ越しが始まった?出島の仮設住宅の状況も気になるところ。寺間画像第4弾(画像コメント省略)@高速バスにて東北道北上中。・・・まだ続く。

b0219534_14181716.jpg


b0219534_14193279.jpg


b0219534_14202579.jpg


b0219534_14213030.jpg


b0219534_14225876.jpg


b0219534_1424364.jpg


b0219534_14252464.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-23 13:57 | Comments(1)

寺間(その3)

 特に多くの説明を必要としないと思う寺間の画像(その3)をいくつか。依然としてこう言う状況のようです。島内仮設への入居も始まった?ようだが、仮設住宅と漁業・養殖再開に向けた作業の中心となる海岸の間の移動だけも重労働。。。

 岩肌が崩れたのだろうか?
b0219534_18173177.jpg

 どこかの浜、自分には特定できない。
b0219534_18185514.jpg

 小坪? 高台の家が多いので、家が残っている
b0219534_1819531.jpg

 海岸のかさ上げ(土嚢積み)も大分進んでいる、でもまだ多くの・・・
b0219534_18204992.jpg

b0219534_18215616.jpg

 瓦礫と土嚢の合間を縫って・・・
b0219534_18243976.jpg

 本当に何もない・・・雑草の逞しさだけが目につく。
b0219534_18265313.jpg


b0219534_18301496.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-20 21:20 | Comments(0)

最近の寺間の様子(その2)と第3次補正予算?

 政治や行政の動きを庶民が理解するのはとても難しい。ただ、今回の東日本大震災後、半年過ぎても政府の第3次補正予算云々とかで被災地への支援・復興作業がスムーズ進んでないのはおかしいと思う。
 行政側が被災したのは十分理解し、必死にやっているのも全く否定しないが、被災地をもっともっと早く復興させる為にも個人レベルでのボランティア活動の人たちが支援しやすくするような行政としての柔軟なサポート体制が望まれる。
 ・・・寺間の最近の様子(その2)も。寺間画像特集はもう少し続きます。それと、9/17から出島定期船が増便されるとのニュースです。

 【同級生の阿部孝博・・・だと思う。37年以上会ってないから間違っていたらゴメン】
b0219534_21162197.jpg

 【従兄の「よんまチャン」、照れてついフンと右斜め前視線?】
b0219534_21244620.jpg

 【ON THE ROADのボランティアの人たち】
b0219534_10325497.jpg


b0219534_10334088.jpg


b0219534_10345665.jpg


b0219534_10353315.jpg


b0219534_10414219.jpg


b0219534_10424277.jpg


b0219534_1043507.jpg


b0219534_10455535.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-17 10:36 | Comments(4)

最近の寺間の様子(その1)

 最近の寺間の様子を紹介します。出島地区同様瓦礫は大分片付いてる様ですが、やはり地盤沈下の影響で海水が岸壁に浸水しています。今は、漁業再開の為の準備作業が多くなっているようです。

 【撮影:阿部孝博(寺間)、提供:若松和夫】
b0219534_1495713.jpg


b0219534_1475538.jpg


b0219534_1452669.jpg


b0219534_1443254.jpg


b0219534_1434435.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-16 14:10 | Comments(2)

311と911

 米国同時多発テロ発生から10年目の9月11日。日本の夜の時間帯だったと思うが、非常にショッキングな映像だった記憶がある。その日がちょうど東日本大震災から6か月目にあたる。各新聞、テレビ局が特集を組んでいる。特に、NHKは被災地・石巻日和山公園にキーステーションを構えて。「311」と「911」、これは誰かの意図的なものだと説く著書も出ているようだが、自分は信じない(信じたくない)。自然には逆らえないから。粛々と復興に向けた支援・応援をするだけ、自分が出来る範囲で。また、忘れてはならないこと。
 ところで、被災後半年過ぎて被災地は何が変わっているか? 確かに景色は変わっている、3つ目の季節を迎えようとしているのだから。ただ、被災者からすればもっと早く進めて欲しいことが遅々として進んでないように見える。口を滑らしてすぐ辞任せざるを得ないような閣僚含めて、どうなんだろう?

  いっぱいあった養殖用浮き玉(3年前)、もう無い。
b0219534_1538114.jpg

  (個人的に)何か元気出そうで好きな感じの画像、前にも紹介した? いや。。。
b0219534_15291080.jpg

  もしかしたらこれも以前も紹介した? たぶん似てる画像かも
b0219534_1822839.jpg

  3年前の実家
b0219534_1533455.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-11 14:46 | Comments(0)

「津波てんでんこ」

  「てんでんこ(=てんでんバラバラに)」、懐かしい方言です。そして、ブログタイトルの「津波てんでんこ」。津波の時は、家族さえも構わず一人でも高台に避難しろ!との何度も津波被害に遭っている三陸地方の言い伝えらしい・・・自分は初めて聞いた。
 今回の震災でも他の人を助けようとしたり、警察・消防、行政でも多くの住民を避難させる為に犠牲になった方々も多い。生きていれば何とかなる、とにかくいち早く避難する。確かにそのとおりであるが、ひとりでも多くの人を助けようとする行動も理解できる。どっちが正しいとか間違っているとか、正義感云々だけではない。何故ならば、その時とる行動がその人の人生のポリシーそのものだと思うから。

  「豊かな・・・日?へ。。。」
b0219534_18152621.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-10 14:46 | Comments(2)

被災地支援の気持ちと現実との乖離

 東日本大震災以降、本当に多くの方々からの激励、義捐金、そしてボランティア活動含めた支援にただ感謝するばかり。ある意味、個人の存在の小ささを再認識する一方で、それがネットワークとして拡がった場合の波及効果を実感。
 もうすぐ、震災後半年。被災地の状況も大分変わりましたが、依然として復興に向けた支援が必要な状況に変わりない。
 行政が把握しきれていない部分や漏れている方々への支援活動に少しでも貢献できればと、個人的には。青果物含めて具体的に必要な支援物資の問い合わせを受けてます。出島の方々で何か困っていることがあれば連絡お待ちしています。早ければ来週あたり(9/17頃)にも、出島の人たちに支援物資を届けたいと申し出てくれてる個人ボランティアの方がいます。効率的に、そして本当に必要とされている支援物資を被災地に届けたいとの気持。

  本画像2回目の登場みたいですね・・・
b0219534_248386.jpg


b0219534_2465312.jpg


b0219534_2564651.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-10 01:11 | Comments(0)

自転車ボランティア隊大活躍!&最近の出島映像

 ボランティア活動や取材などで出島に渡る時、マイ自転車を同時に持ち込む人も多いらしい。震災後しばらくは自転車が走れるような状況ではなかったが、今では島の瓦礫も徐々に片付き道路も確保され、移動手段として自転車が大活躍。つい一週間ほど前、復旧作業、仮設住宅の建設状況、そして岩壁のかさ上げ作業などを確認のため出島に渡り、そして寺間まで歩いたシーパル女川汽船の方の「自転車積んでけば良かった・・・」との話も。
 ボランティア活動などの支援を行ってくれる方々のために、無料でのレンタル自転車があると便利かも。

 それと、ボランティアの方がYouTube7月下旬頃の出島映像を投稿しているので、そのリンクを追加。

b0219534_1344548.jpg


b0219534_1346051.jpg


b0219534_13474867.jpg


b0219534_13484185.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2011-09-03 14:46 | Comments(10)

宮城牡鹿半島の付け根に位置する小さな離島も東日本大震災で壊滅的な被害。復旧・復興に向け何とか応援したい!