ブログトップ

出島 ~いずしま~ 復興支援・応援ブログ

<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

家内制手工業? 皆さん黙々と・・・

 そもそも皆さん働き者が多い被災地三陸地方の人達、特に女の人達。基本的には常に手先や足腰を動かしたりしてないとモチベーションが保てない、元気が出ない。復旧から復興に向けて被災地支援のステージも変わりつつある。
 出島仮設のお母様達が一生懸命何かを作っている画像。今後はこういう形での被災地支援と言うのが必要なのかも知れない?

b0219534_19265044.jpg


b0219534_19291879.jpg


b0219534_19284329.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-29 19:40 | Comments(2)

”誤解を生じにくいよう文章を工夫したい”

 昨年3月3日の政府地震調査委員会でのやりとり。
「貞観地震が繰り返していると誤解されないようにしてほしい」
「繰り返し発生しているかは適切なデータが十分でないため、さらなる調査研究が必要」
「世間には一部の文言のみを過大に受け取る方もいるので、説明を詳しくするように配慮してほしい」
誤解を生じにくいよう文章を工夫したい」(文科省)
 東日本大震災8日前の会合報告書の「貞観地震」に関する記述が修正された経緯。報告書の表現が修正されなかったとしても311の甚大な被害がどれだけ防げたかは分からないが、このような事実が約1年後にしか公表されないような体質も問題。やはり「原子力ムラ」の論理優先か。

b0219534_1511571.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-28 01:51 | Comments(0)

英国商工会議所(BCCJ) in 出島 vol.2

 出島へのインターナショナルな支援活動の一部の画像を何枚か。NPO含めた支援団体等と被災地の方々の思い入れがうまく噛みあえば、復興に向けた具体的な支援の実行とその推進に弾みがつき、コミュニティ復活含めた一刻も早い復興に繋がるものと信じている。

b0219534_23502124.jpg


b0219534_23461253.jpg


b0219534_23414557.jpg


b0219534_2354494.jpg



[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-26 00:45 | Comments(0)

こういう綺麗な画像も

 時間軸をちょっと一月に戻して、出島関連画像で紹介漏れのものを。最初の画像は尾浦でのアワビの流通業者への引渡し風景。以前紹介した画像と似ているがこれは紹介漏れ。その次の2つの画像は同じ頃の被災地の別風景、出島ではないが三陸道からの綺麗な夕日?のナイスショット。朝日や夕日の綺麗なシーンは時々見れるが、ただそれをタイミングよく綺麗に画像に収めるのは容易ではない・・・次は確かにインターナショナルバージョンの紹介を。

b0219534_1382966.jpg


b0219534_1411827.jpg


b0219534_1395179.jpg



[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-23 01:39 | Comments(2)

賢ちゃん

 ”賢ちゃん”と勝手に呼ばせて貰います。下の一番目の写真のとおりちょっと強面だけど、自分にとってはイザと言う時に助けてくれる正義の味方、アンパンマンみたいな存在か(失礼?)。親戚筋だが早くに出島を離れた自分には馴れ馴れ過ぎ、恐れ多いが敢えて親しみを込めて。
 震災後の東日本放送KHBのある報道で「早期島内仮設建設」などを熱く訴えていた出島の漁師・・・今は何とか銀鮭の養殖を始めれた様子。
 先日電話で話した時、「オ~ッ、外国の人は沢庵とか餅とか食べねぇと思っていたんだけど、食うんだな!吃驚したよ!」とのコメント・・・別に当たり前です、普通に食べます!皆日本での生活に馴染んでいる人たちなんだから。賢ちゃん+インターナショナルな画像何枚か(この後何回かに分けて+α紹介予定)。
 賢ちゃん、また宜しくお願いしますね!

b0219534_1482039.jpg


b0219534_1533652.jpg


b0219534_1544650.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-22 01:48 | Comments(0)

被災地からの笑顔

 多くの言葉やその説明は必要ない。何か皆さんの笑顔の表情が全てを・・・でも時間がない来たる3月8日の東京英国大使館公使公邸での東日本大震災一年後のチャリティーイベントへの協力のため出島マダム(・・・これはあるサイトからのパクリですが)の一致団結を!「やっぺす出島!つぐれるだけ作っぺっちゃ!」。 底力は計り知れない・・・

b0219534_2001061.jpg


b0219534_2011464.jpg


b0219534_202562.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-20 20:15 | Comments(0)

被災者目線での被災地支援

 もうすぐ東日本大震災から一年が経とうとしている。震災直後から日本のみでなく世界各国から色々な形での被災地支援が行われている。これらの支援に対しては感謝するのは当たり前であるが、震災からの時間の経過と共に被災地での必要な支援も徐々に変化。そういう状況でも継続的に被災地目線での支援をしている方々が多くいる。
 在日英国商工会議所はそのひとつ。被災地・被災者が今どんな支援が必要なのかとの声を調べ、その要望に応えようとの支援活動を継続。その最近の活動のスナップショット2枚を。

 2/19の出島仮設住宅の皆さんと在日英国商工会議所理事長
b0219534_125888.jpg


b0219534_1261692.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-20 01:40 | Comments(0)

高台移転とグループ化

 一月中旬に行われた女川町復興まちづくり計画の出島・寺間地区への説明会は出島の高台移転の原案説明中心だったようだが、意見集約に時間がかかっているよう。出島の場合は、昨年行われた移転先希望地のアンケート調査でも回答にバラツキがあったのでいっそう時間がかかるのかも。
 それと「グループ化」の話が進められているらしい。グループ化が実現すると漁業等の経費を3年間国が負担し、一方で水揚げは全て国に。そして「グループ化」参加者は国から給料を貰うシステムのようだ。参加希望者が多いようで資金不足により養殖等を出来ないでいる人には朗報だろう。水産特区構想とも関連しているのだろうが、当面はこの様な仕組みが必要だと思う。ただ、余り国や自治体による不道理な介在や既得権確保の為の愚策は遠慮願いたい。まずは被災地早期復興があるべきなので。

 出島仮設住宅集会所にあるパソコン・・・
b0219534_123531.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-17 12:35 | Comments(0)

女川町復興交付金事業計画

 政府第4次補正予算成立・執行に合わせたかのように、遅まきながら各被災自治体においての復興計画や来年度震災復興関連予算が見え出してきた。
 昨日、女川町復興交付金事業計画が朝日新聞に掲載された。これは朝日新聞から女川町への情報開示請求に基づき女川町が今年一月末に国に提出した計画の一部が公開されたもの。町内全小中学校に太陽光発電設備を置き、避難所機能の強化、女川港近くの中心街は住宅を高台に移し、工業地域や商業地域を港近くに集めると言う全体像。記事に出ている部分の数字(予算?)を単純に積み上げても今後5年間約87億円以上・・・

 以前も紹介した震災以前の「何かちょっと気になった看板」のリメークバージョン&女川駅w/牡鹿タクシー
b0219534_1519348.jpg


b0219534_15283672.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-12 15:30 | Comments(0)

震災直後、約11ヶ月前?

 震災直後は本当に混沌とした状況で被災地の皆さんは各避難所にバラバラに避難している状況が続いていた。震災の現実が徐々に見えつつも信じたくない部分もあり、正直ずうっと迷っていた。これは自分自身が母親の無事を初めてビジュアル的に確認出来たもの。
 仙台駅バスターミナルで石巻行きの長距離バスを待っている姿らしい(避難所への帰途?)。当然本人には許可など取っていないが、まあ良いかと。
 何故今さらこの画像を? ⇒答えは「女川町新田の仮設住宅で元気に生活しています」との報告です。個人的な記事になってしまい本当申し訳ございませんが、震災以前の他の画像と合わせて・・・

b0219534_17373886.jpg


b0219534_1805180.jpg


b0219534_18171510.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2012-02-08 18:37 | Comments(0)

宮城牡鹿半島の付け根に位置する小さな離島も東日本大震災で壊滅的な被害。復旧・復興に向け何とか応援したい!