ブログトップ

出島 ~いずしま~ 復興支援・応援ブログ

<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

診療所化と巡回診療

 震災後、どの被災地でも医師と病院の絶対数不足に頭を悩ませている。女川町立病院も同じ。震災以前から診療所化が計画されていたようだが、震災により逆に診療所化計画が前倒しになり、昨年秋から町地域医療センターに。高齢者医療対策と出向く巡回医療の病院に再編。
 高齢化医療対策はどの被災地でも共通の課題だが、地域医療の在り方が問われている昨今、医療があるべき姿のひとつのモデルになればよい。これからの医療はやはり患者が病院にくるのを待つだけでなく医師自ら患者の所に出向く巡回診療という地域医療の原点に立ち返った診療形態が被災地だけでなく都市部でも必要だと思う。
 ところで、本日シーパル女川汽船ブログにアップされた出島仮設住宅から寺間港までの映像をリンクしました(Mさん、ありがとう!)・・・寺間地区も何もな~い!

 今は跡形もない以前の出島診療所
b0219534_1817115.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-28 18:30 | Comments(0)

震災一年後の出島数景

 震災から一年、確かに被災地の風景は格段に変わった。今回もちょっと震災から一年後の出島の風景をいくつか。果たしてこれからどう良い方向に変われるのだろうか? 1,000年に一度の大震災ならば、逆に1,000年に一度の大きなチャンスであるかと。今後のことを考えると・・・特に将来的に「自分達がどうしたいのか?」ということがが問われている、単に目先の事だけでなく。

b0219534_012035.jpg


b0219534_0133255.jpg


b0219534_014414.jpg


b0219534_0161917.jpg


b0219534_048571.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-24 00:40 | Comments(0)

瓦礫がだいぶ綺麗に片付き、でも何もない・・・

 他の被災地と同じような瓦礫が綺麗になくなっている光景。ちょっと時間かかってるが一時的瓦礫撤去は徐々に進んでいる。でも瓦礫がなくなり整地された土地は今後どうなるんだろう? 特に宮城県は津波被災地域への居住は原則禁止、と言っても漁師にとってはそのエリアをどう使えるかはとても重要のはず。
 そう言う状況で出島の将来を真剣に考えるのならば、今後の島づくりに関しては行政側から言われるがままでなく「自分達はこうしたい」との方向性を自ら具現化すべき。少なくとも10年、20年位先見据え発想を大胆に変えて。今の自分達の代だけでなく、次の世代を担う子供達、そしてそれ以降の世代のためにも・・・下の画像はそこそこに最近のものです。

b0219534_1163541.jpg


b0219534_1173416.jpg


b0219534_1182235.jpg


b0219534_119764.jpg


b0219534_1194022.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-23 01:23 | Comments(0)

”心をひとつに”~”Put Our Hearts Together”

先週、今週末とNHKが震災関連番組でスポーツや音楽で被災地復興支援している人達の特番を放送していた(再放送含め)。そのひとつが「TOMORROW beyond 3.11」という番組。音楽によりボブ・ジェームスというアメリカのジャズ・ピアニストの被災地支援。実は20代前半の頃?ちょっと彼のジャズピアノの曲にハマったのだが、その後彼の曲を聴く機会が少なくなり、数十年ぶりに聴いた彼のサウンドは全く変わらずさらに進化。
 昨年8月?の「いわてジャズ2011」で演奏のため来日だったが、その滞在中被災地の悲惨な状況を見て歩いた時に閃いたリズムを被災地に捧げる曲として「心をひとつに」。演奏当日は大船渡のアマチュアジャズバンドとのコラボ。そして数ヵ月後本人が一番インスピレーション受けるという日本に再来日しチャリティコンサート実施。

b0219534_2115193.jpg


b0219534_2134839.jpg


b0219534_251584.jpg


b0219534_265530.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-19 00:28 | Comments(0)

東日本大震災一年後のチャリティイベント@英国大使館

 東日本大震災から一年が過ぎ、各地で追悼イベントが行われた。311当日ではないが3/8に英国大使館、英国商工会議所主催による追悼イベントが行われた。これまでの被災地支援への感謝と被災地の方々をお招きしてその声を直接皆さんにと。当日は皇室から高円宮妃のご列席もあり、被災地の方々への直接の哀悼の意と励ましのお言葉が。そして別の観点からの被災地復興への支援も・・・

b0219534_2523470.jpg


b0219534_2533384.jpg


b0219534_2541891.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-16 02:54 | Comments(2)

銀鮭養殖

 三陸の被災地で盛んな養殖業のひとつ銀鮭養殖。出島でも大分前から養殖業の中心の一つになっていた。震災により壊滅的な被害を受けながらも地元の漁師たちは避難所から通いながらコツコツと銀鮭養殖再開に向け準備を進めていた。ただ、諸般の事情により銀鮭養殖再開したくても出来ない漁師も多い。
 以前も紹介したが出島の強面の賢ちゃん・・・最初の画像は被災後何とかここまでこぎつけたかな?と思いつつも、心配そうに銀鮭のイケスの状況をみつめてる賢ちゃん。

b0219534_1222619.jpg


b0219534_1242473.jpg


b0219534_1254810.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-16 01:45 | Comments(0)

敢えて

 震災後一年が過ぎ、被災地の人は皆復興に向けて邁進している中ではあるが、敢えて今回も東日本大震災直後の画像をいくつか紹介したい。自身これまでブログでの紹介を躊躇っていた画像のいくつかだが、事実は事実として後世に伝える必要があるだろう。この後もいくつか・・・

b0219534_1524327.jpg


b0219534_1571022.jpg


b0219534_1574261.jpg


b0219534_2285421.jpg


b0219534_235743.jpg


b0219534_2324830.jpg


b0219534_1584523.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-14 02:46 | Comments(0)

”震災を忘れないで”

 ”震災を忘れないで”・・・これは被災地、被災者の叫びではない。前にもブログで紹介したが、昨年来日時は震災当日だったが、途中で帰国せずツアー全スケジュールをほぼ予定通り終えた。その一年後今回また日本で震災追悼ツアーを行っているシンディ・ローパーの記者会見でのコメント。
 先週末は震災後一年でメディアの特番・特集が多かったが、おそらく今後はメディアで取り上げられる機会が激減するであろう。それを予見するかのようなそのコメントに何か彼女の人間性を垣間見る。シンディだけでなく、日本国内でもその点を心配してる人が多い。今後のメディアの報道姿勢が問われる震災後一年以降。
 いまさらではあるが、震災後の状況で昨年ブログ掲載をちょっと躊躇った何枚か・・・事実は事実として。

b0219534_19222586.jpg


b0219534_1921213.jpg


b0219534_192021100.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-12 19:30 | Comments(0)

東日本大震災一周忌追悼式@女川

 3月11日午後2時46分、多くの被災地、それ以外の地域でも、そして世界中で追悼式が行われた。テレビ等でも多く報道されていたが、下の画像は女川町での東日本大震災一周忌追悼式自民党・小泉進次郎国会議員などの参列もあり、犠牲者への追悼の儀式が荘厳に挙行された。ひとつの区切りを経て、そして本当の復興へ向けた取り組み、具体的行動が必要とされる段階へ・・・

b0219534_2135176.jpg


b0219534_21465069.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-11 21:50 | Comments(0)

レクイエム311

 東日本大震災から早一年、日本人の多くの人が”人との繋がり”を改めて考えさせられた大震災。被災地は若干温度差はありながらも復興に向け着実に一歩ずつ前へ進んでいる。震災後366日目の一つの区切りとなる2012年3月11日を迎え犠牲者への「哀悼」の意と被災地の「福幸」に向け、皆様へ今後も継続的な被災地支援を切にお願いする次第です。

b0219534_26894.jpg


b0219534_292990.jpg


b0219534_212337.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2012-03-11 02:04 | Comments(0)

宮城牡鹿半島の付け根に位置する小さな離島も東日本大震災で壊滅的な被害。復旧・復興に向け何とか応援したい!