ブログトップ

出島 ~いずしま~ 復興支援・応援ブログ

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

出島養殖復興状況-その1

 出島・島内仮設住宅に戻り粛々と養殖再開目指す人、様々な理由により戻りたく思いながら「痛勤?」を余儀なくされている人、さらに本当に戻って漁業したくても叶わない人など事情は色々あるが、大震災から時間の経過と共に世間だけでなく当事者自信も何かを忘れていないだろうか? 遅々として進んでいない復興は事実であるが、決して幾多の支援なくして今がある筈はない。
 原点は、どんな形でもこれまで支援頂いたことへの感謝とそれらの応援・支援を糧にして確実に前に進む事だと思う。つまらない「震災前はこうだった」的な志向だけでなく、これから、そして今後、次の世代に向け自分たちがどうすべきか真摯に考えるべきである、前に進むしかないのだから。
 ところで、出島の師匠・賢ちゃんと、寺間の同級生・孝博に聞いた話を租借すると、出島・寺間の養殖の状況は以下の様な感じ。あくまで、数字は正確でないので傾向だけを見て貰えばと。

b0219534_111782.png

[PR]
by risingisland1959 | 2013-01-29 01:36 | Comments(0)

出島架橋

 島国である日本、地理的に他の国との交流は船か飛行機の存在なしには何も成り立たない。それが故に最近外交上近隣諸国との色々な問題が散見される。何とか平和的に解決しなければならない問題だと思うが、やはりお互い発想が違うのでその溝を埋めるのは容易でない。決して解決できない問題ではないはずなので、お互い歩み寄り、譲歩が必要かと。
 ところで、今回のブログタイトルは唐突に「出島架橋」にしました。「出島に橋を架ける」古くて新しく昔からずっと言われている。たかだか直線距離百メートル位?しか本土から離れていないのだが、その距離が架橋の実現の大きな壁で周辺環境の整備含め重くのしかかりその実現を阻んでいる。
 保守的な考え方が多い出島・寺間の人達にとって「出島架橋」が島の将来や次の世代に本当に必要な事だと考えるのならば、もっともっと大局的な観点から女川町、宮城県、国等行政への積極的かつ具体的なアプローチが必要だと思う。当然、これまでもやって来ている事だとは思うが成せば成る何事も。もう一歩前に進みましょう!

 ちょっと見つけた震災前の出島の画像
b0219534_0164895.jpg


b0219534_012542.jpg


b0219534_015484.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2013-01-20 01:25 | Comments(0)

こわれたもの~Broken Things~

b0219534_141156.jpg
 震災から約一年後の2012年3月初旬から中旬にかけ、一人の英国人カメラマンが岩手県南部から宮城県沿岸部の被災地を訪れた。岩手県野田村、釜石市、陸前高田市、気仙沼大島、女川町出島、そして鮎川、万石浦などを訪れ、被災地の人達と話をし、レンズ越しに彼の目に映った光景をカメラに収めた。
 それら撮影した写真を一冊に纏めた写真集の表紙が左の画像である。表紙同様内容もとてもシンプルな出来栄えになっている。
 ちなみに表紙のタイトルは被災地三陸沿岸部の地形を地図から切り取り題字としてデザインしたようです。
 なお、英語版ですがこちらから写真集サンプルの閲覧及び購入の申し込みが可能です。ご不明な点があれば本ブログのコメント欄にお寄せください。今回は500部限定出版みたいです。


巻末には出島・須田勘太郎・妙子さんご夫妻、木村幸子さん、木村洋子さんへの謝辞も

[PR]
by risingisland1959 | 2013-01-11 18:00 | Comments(0)

恭賀新年

 あけましておめでとうございます。震災後2度目のお正月の過ごし方も各々の被災地によっては色々かと推察します。当方も何かと日常の忙しさにかまけて、その流れに任せている?状況を反省しています。
 平成25年元旦は一部の地域を除いて、全般的に穏やかな新年を迎えているやに見えたので、ほとんどの被災地でも初日の出を拝めた地域が多かったのでは。
 復興元年と言われた2012年から年が変わり、2013年はどうなるのか? 一部で懸念されていた「忘却元年」ではなかったとするためにも、新しい年での被災地復興に対してより具体的な取り組み・施策の実施が必要なのは言うまでもない。では具体的に何が必要なのか? やはり被災地からの切実な声が何より響くのは間違いないです。

 多分、初日の出はこの方向から見えるはず@寺間・小坪
b0219534_19571859.jpg


b0219534_1958035.jpg


b0219534_19585768.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2013-01-04 20:10 | Comments(0)

宮城牡鹿半島の付け根に位置する小さな離島も東日本大震災で壊滅的な被害。復旧・復興に向け何とか応援したい!