ブログトップ

出島 ~いずしま~ 復興支援・応援ブログ

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

出島お祭り~レトロバージョン

 同級生から昔の出島のお祭りの写真の提供があった。おそらく今から約30年くらい前の写真だと思うが昔の漁協や病院も写っている。皆さんの髪型等からも何となくその当時の時代背景が想像つく。それと子供達が担ぐお神輿があったのを初めて知った。こういう光景はまた見れるのだろうか? 改めて何十年もお祭りを見ていなかった事に気づいた次第。

b0219534_1741323.jpg


b0219534_174324.jpg


b0219534_1752182.jpg


b0219534_1753681.jpg


b0219534_1754560.jpg


b0219534_1772116.jpg


b0219534_178448.jpg


b0219534_1783652.jpg

[PR]
by risingisland1959 | 2013-11-29 17:10 | Comments(0)

JFN賞2013・優秀賞~明日があるさ 島の絆は消えず

b0219534_022192.jpg 以前ブログで紹介したがエフエム仙台が制作した「明日があるさ、島の絆は消えず」という震災後の出島の復興に向かう状況の取材したドキュメンタリー番組(放送)が全国FM協議会のJFN賞2013の優秀賞を受賞したようだ。テレビ等ではなくラジオ・ドキュメンタリー番組は確かに珍しいと思う。

【以下、ColNet 2013年11月15日から抜粋】
全国FM協議会 エフエム仙台が優秀賞 女川の震災後を追う
 エフエム仙台(仙台市)が開局30周年を記念して制作したドキュメンタリー番組「明日があるさ 島の絆は消えず」が、全国FM放送協議会(JFN)の「JFN賞2013」で、大賞に次ぐ優秀賞を受賞した。東日本大震災で被災した宮城県女川町の離島、出島の人々が復興に向かう歩みを1年以上にわたって取材した。
 55分間の番組の柱は震災時に出島にあり、ことし4月に本土の小学校と統合した女川四小の取り組み。当時の全児童5人と先生が、プロ奏者によるワークショップを経てバンドを結成し、音楽で島の人々を元気づけた。島に残る大人も伝統の祭りを復活させた。
 2011年8月に始まった取材は、島外の仮設住宅に移り、バラバラになりかけた島民が絆を取り戻す試みを丹念に追った。
 ナレーターを務めたエフエム仙台アナウンサーの石垣のり子さんは「ラジオでのドキュメンタリーは異例。震災の悲しい現実を乗り越え、復興に取り組む人々の温かい思いを伝えたかった」と振り返る。
 JFN賞は企画とCMの各部門があり、エフエム仙台の番組は全国27局から計48件の応募があった企画部門で受賞した。番組は12年11月、東北6県で放送され、要望を受けてことし3月に県内で再放送された。


[PR]
by risingisland1959 | 2013-11-17 00:15 | Comments(0)

エコロジーアイランド・イズシマ

 1988年、今から約25年前の「女川・新八景」(女川町勢要覧)という冊子を見れる機会があった。当時、女川町役場が年一回程度の頻度で発刊していたものと想像するが、当時の女川町、離半島部含めた取り組みに関する興味深い記事が多かった。
 その中に出島の記事が有り、ひとつは縄文時代の古墳跡の紹介、そして出島架橋実現含めた、当時の女川町の「エコロジーアイランド・イズシマ」構想?があったことを初めて知った。出島の縄文時代の古墳跡は確かに小学生か中学生の時に授業の一環で見に行った記憶があるが、当時は全く興味が無かったのでどんなものだったか全く覚えていない。
 また、現在地球上で最も喫緊の課題として対応が必要な省資源・温暖化対策のキーワードである”エコ”対策の発想が約25年前に既に女川町にあったんだと思いとても感心。
 以下に震災後の今となっては貴重な当時の冊子に掲載されていた「女川・新八景①~⑧=順不同」の画像を紹介します(女川町役場へ:事前の承諾もなくすみません・・・もし本記事掲載問題あればご連絡ください)。

b0219534_134545.jpgb0219534_139292.jpg

b0219534_241086.jpg


b0219534_159383.jpg


b0219534_2124135.jpg


b0219534_2155110.jpg


b0219534_2245486.jpg


b0219534_2291596.jpg


b0219534_2335198.jpg


b0219534_2371947.jpg


[PR]
by risingisland1959 | 2013-11-14 01:40 | Comments(0)

島っ子

 女川四小・二中卒業生なら、皆さんご存じの文集「島っ子」。今年3月の出島の学校閉校に伴う「島っ子」最終号が制作されました。
 「島っ子」は一年に一回出島の学校に在籍する児童・生徒が真剣に文章を書く機会だった気がします。でも自分含め多くの人は文章を書かされていたとの感じだったと思います・・・多分気が重っかたかも知れません。

b0219534_12235899.jpg


b0219534_1436039.jpg


b0219534_19312486.jpg


b0219534_19323740.jpg


 ある年の「島っ子」(たぶん小学校低学年の頃)、自分が最初に書いた文章がほとんど直されて(先生方、編集委員等により)、全く別の文章になり「島っ子」に載った記憶がある・・・校正して頂いた文章の方が自然に読みやすかったが。 
 「島っ子」は女川四小・二中の伝統的な文集の集大成であり、各世代において色々な思いや感慨がある。その時のそれぞれの考え含めて。

[PR]
by risingisland1959 | 2013-11-02 23:43 | Comments(0)

宮城牡鹿半島の付け根に位置する小さな離島も東日本大震災で壊滅的な被害。復旧・復興に向け何とか応援したい!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30