ブログトップ

出島 ~いずしま~ 復興支援・応援ブログ

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

養殖ホヤ~風評被害

 韓国では東日本大震災での福島第一原発事故により、当該地域からの水産物輸入の禁止・制限を継続している。その関連で女川町の竹ノ浦地区での養殖ホヤの処分に関する記事を読んだ。
以下、6/30付け河北新報オンラインニュース記事から一部抜粋。
===
<養殖ホヤ>苦渋の決断 処分へ涙の水揚げ
 韓国の輸入禁止(東京電力福島第1原発事故を理由に輸入を禁止)で生産過剰になっている宮城県産の養殖ホヤを巡り、約1万4000トンを処分する方針。27日から試験的に実施、合わせて約150トンを冷凍施設に運び込んだ。
・・・
 県漁協は現在、ホヤ養殖が盛んな石巻、気仙沼、女川、南三陸の4市町などとホヤを堆肥に再利用するなどの処分方法を検討中。処分するホヤの水揚げは9月中に終わる見込み。
 ・・・東日本大震災前に7~8割を消費していた韓国が2013年9月、東京電力福島第1原発事故を理由に輸入を禁止。国内だけで消費するには供給過剰となり、県漁協はやむなく処分する方針を決めた。処分にかかる費用などは東電に請求する方向で調整している。
===

 ・・・当然出島でも同様の事態が起きている。b0219534_16211983.jpg
 出島のある漁師は、「自分(達)の養殖ホヤ筏は長さ(水深)約10~15メートル位の縄一本で約百数十キロ位のホヤがなる、それを何メートル位かの間隔?で約300メートルの長さで養殖するのでひとつの筏で少なくとも約1.3, 4トンとなる。その筏が何本もあるんだからな。それらを9月一杯までに水揚げ終わらせなければならないので、しばらく他の養殖の作業が出来なくなる。人手も少ないからさ。そしてそれがこの辺りの浜全部だからな・・・」と。 引き取り(買い取り)価格も水揚げのタイミング、業者によってバラつきが大きいようである。
 風評被害に伴う飼料・堆肥等に再利用される為の水揚げ・・・養殖ホヤ生産者としては何ともやるせない気持ちだろう。

 東日本大震災被災地からの海産物輸入禁止延長措置は韓国としての国家施策であるから何とも言えないが、普通に考えれば風評被害そのものである。ただ、この風評被害というものは農林水産物生産者に後々ボディーブローのように影響を与えるものなので、本件に関しても一次的な東京電力への補償請求とかだけでなく、国として風評被害を払拭するような具体策、術等がないものだろうか?・・・震災以降ずうっと叫ばれていること。

[PR]
by risingisland1959 | 2016-07-07 19:46 | Comments(0)

出島架橋工事着工

 出島架橋関連の進捗状況はどうなっているのか? 具体的になかなか見えませんが(個人的)、最近の女川町役場のコメント及び「石巻かほく(5/26付)」記事によると;

 「平成28年度予算で『町道女川出島線=出島架橋:全長2,920メートル)』架橋関連工事の着工が承認されたので、本体部分(長さ360メートルの橋げた)工事の前にまずは尾浦側接続道路等約2キロメートル区間(トンネルとか道路舗装等)工事に着手し、それと併せて出島側約80メートル位の接続道路工事を進める予定(当然地権者等との交渉完了後)。この工事だけでも約3-4年掛かる見込み。」とのこと。

 総工費の賛否両論は依然としてあるあるものの、完成すると、「出島から石巻市蛇田の石巻日赤病院まで所要時間が56分となり、現在よりも30分以上の時間短縮が期待できる」という。それ以外にも女川町、周辺地区への経済的相乗効果が期待できる筈である。

 完成予定時期は計画上平成34, 35年頃?であるが、出島架橋のミニュチュア版が完成し、島の談話室?に飾られているようです・・・さてどんなミニチュアか是非早いタイミングで皆さんに紹介したいと思います。では、

b0219534_157324.jpg
  ※ 上の画像は実際の出島架橋ミニュチュアではありません。あくまで個人的嗜好画像で、サンフランシスコ金門橋(ゴールデンゲートブリッジ)です。・・・手前を走るフェリーは"しまなぎ"か"ベガ"か?

(追伸) ひとつ忘れてました。(既に着手されていることとは思いますが)出島架橋のネーミングを是非幅広く公募して欲しいものです。

[PR]
by risingisland1959 | 2016-07-06 12:03 | Comments(0)

女川町復興整備計画~出島関連編

 またまた大変ご無沙汰です。今回は久々に女川町役場公式HPの復興整備計画(最新版)からチャッカリ記事、データ等借用しました。その中から出島・寺間関連分をザックリと抜粋してみました。分かり辛いですが、主要な復興関連、災害公営住宅関連事業はほぼ平成27年度計画までで完了しているみたいです。
 さて、今後はどう進めるべきなのか? 改めて人を呼ぶためのアイデアとその実行が必要と感じています・・・出島架橋を視野に入れながら、色々な方々の協力を得つつ、出島ツアーの企画・推進等より多くの人を呼ぶ、継続的な努力がさらに必要になるはず。。

女川町復興整備計画(第24回:平成28年4月4日変更)ー 抜粋

1.復興整備計画の区域(計画区域)
  女川町における中心部の区域及び離半島部沿岸の区域(別添の復興整備計画区域図参照)

2.復興整備計画の目標
  ① 東日本大震災により都市機能の多くを失い、壊滅的な被害を受けた当町においては、今次地震・津波の教訓を踏まえ、災害から生命を守り、安心・安全で住みよい港町づくりを目指す。
  ② 今後、数十年から百数十年に一回程度発生すると想定される津波に対して、海岸保全施設・津波防護施設等の整備により、町民の生命と財産を守る。
  ③ 今後想定される最大級の津波に対しては、町民の生命を守るために、避難を基本としたソフト対策・避難のためのハード対策を推進する。
  ④ 今後も繰り返し発生が予想される津波に対して、町民の生命と住宅を守ることを基本方針として、安全な高台及び地盤嵩上げによる復興住宅地を交通軸沿いに整備し、町民の移転を促進する。
  ⑤ 今後の人口減.と高齢化の進展を見据え、JR女川駅周辺の復興市街地に中枢的機能を集約したコンパクトなまちづくりを進める。
  ⑥ 離半島部の魅力ある漁港や景観を維持し、津波浸水区域を有効に活用することで、活力ある漁村集落のまちづくりを目指す。

3.省略:

4.復興整備事業に係る事項
  (1)市街地開発事業
  (2)土地改良事業
  (3)復興一体事業
  (4)集団移転促進事業 - 出島・寺間関連分抜粋
b0219534_14141278.jpg
b0219534_1415211.jpg

   B-12地区:女川町防災集団移転促進事業(女川町出島地区)
   B-13地区:女川町防災集団移転促進事業(女川町寺間地区)


  (13)その他施設の整備に関する事業
   C-13地区:漁業集落防災機能強化事業(女川町出島地区)
   C-14地区:漁業集落防災機能強化事業(女川町寺間地区)


  (13)その他施設の整備に関する事業
   E-12地区:災害公営住宅整備事業(女川町出島地区)
   E-13地区:災害公営住宅整備事業(女川町寺間地区)


(注)以下省略:

[PR]
by risingisland1959 | 2016-07-02 18:25 | Comments(0)

宮城牡鹿半島の付け根に位置する小さな離島も東日本大震災で壊滅的な被害。復旧・復興に向け何とか応援したい!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31