ブログトップ

出島 ~いずしま~ 復興支援・応援ブログ

出島にシカ?

b0219534_18381830.jpg
 とても久しぶりのブログ更新となります。自分自身で、忙しさ等言訳こいています。
 今回は、「出島にシカ?」との数日前の河北新報記事。ちょっと信じられませんが、もしそうだとしたら、やはり震災以降の島及び周辺の生態系が大きく変化しているのかもしれません。でも、どのようにして出島に渡ったのだろうか? 考えられるのは本土からか、金華山辺りから泳いで渡るしかない筈。
 人間もそうであるが、他の動物も生きていく為には本能的にあらゆる可能性を探る。本当にそうならシカによる農作物への被害が危惧されるが、なんとか共存できる方向を模索すべきかと思う。
 *画像見ずらいのはご容赦ください。

[PR]
# by risingisland1959 | 2015-09-30 18:49 | Comments(0)

ちょっと前ですが出島の状況・・・

 お彼岸の頃の出島の光景です。大きな変化のないですが、今回はこれまで踏み入れてない、田ノ尻、殿浜地区?の状況をいくつか紹介。
 残念ながら自分自身はどれがどの地区の画像なのか認識できませんが、でもやはり出島浜と大きな違いは無いとの印象です。

 ” きらきらいきいき港?・・・災害公営住宅付近道路上のマンホール"
b0219534_184523.jpg


b0219534_1992156.jpg


b0219534_19102183.jpg


b0219534_19113390.jpg


b0219534_1912176.jpg


[PR]
# by risingisland1959 | 2015-06-03 18:42 | Comments(0)

寺間お祭り-その2 お神輿中心編

 昨日5/17は寺間のお祭りに引き続いて、出島でお祭りが行われたようですが、天候にも恵まれ恙なく挙行されたことと推察します。
 今回は、5/10の寺間お祭りでのお神輿中心の画像を一挙に紹介します。お神輿が神社から降りてきて、戻るまでの一連の流れです。お祭りに対する皆さんの思いは各々震災前とは違うとは思いますが、いずれにしても一刻も早い復興への強い思いは同じ。

 祝、出島架橋前進!



b0219534_16393880.jpg


b0219534_1640329.jpg


b0219534_16402465.jpg


b0219534_16404663.jpg


b0219534_1641868.jpg


b0219534_16413457.jpg


b0219534_16433017.jpg


b0219534_16435937.jpg


b0219534_16443625.jpg


b0219534_16451623.jpg


b0219534_16463173.jpg


b0219534_16485337.jpg


b0219534_16492297.jpg


b0219534_16495050.jpg


b0219534_16503597.jpg


b0219534_16581779.jpg


b0219534_16513569.jpg


b0219534_16515866.jpg


[PR]
# by risingisland1959 | 2015-05-18 16:52 | Comments(4)

寺間お祭り

 前日の肌寒さも和らぎ、ちょっと風があったようですが昨日お祭り日和のもと寺間のお祭りが行われました。今年は新潟からのボランティアグループの方々以外にも、伊豆諸島・神津島から松江さんのご支援があり、サザエの壺焼きとホタテ焼きを振る舞って頂きました。
 全体的に昨年よりちょっと人が少ない感じだったみたいですが、盛況でサザエもお昼前に完売(完食?)となったみたいです。
 松江さん、本当にありがとうございました。今後も引き続きご支援頂けますようお願い致します。

b0219534_16294883.jpg


b0219534_1643014.jpg


b0219534_16364887.jpg


b0219534_16381813.jpg


b0219534_16403487.jpg


[PR]
# by risingisland1959 | 2015-05-11 16:40 | Comments(0)

出島架橋実現へ大きく前進!

 今期通常国会で数日前に表題の出島架橋の予算案が通過したようです。40年以上に渡る女川町、出島の島民の悲願が実現される方向で動き出しました。
 現状100名程度の島民にこのような国家予算を拠出することの是非があるのは承知しますが、ただ島の存続及び周辺地区の将来を考えた場合、復興促進含めひとつの起爆剤およびモチベーションになると思います。震災復興関連予算を訳のわからない全く関係ないプロジェクトに使うよりは、本当の意味での復興促進支援になるでしょう。
 自分が知る限りこれまで出島架橋の是非については地元でもずうっと議論されてました。子供だった頃はそれが何なのか本質を理解できませんでしたが、東日本大震災によって今の状況がある以上、架橋実現によってこれからの島の存続及び将来の若い世代への継承、さらに女川町全体含めた周辺地域への経済効果は計り知れないと思います。
 これまで船だけに頼っていた地元からの水産資源の流通、物流が格段に改善、便利になると思うし、またもう一工夫、アイデアを出すことによって観光客含め人を呼び込むことも可能になります。7-8年後と言わずもっと短期間で、出来れば2020年の東京オリンピックのタイミングで架橋が実現できている事を切に願います。

 すみません、以前も使った画像を再登場させます。架橋は間違いなくここになるんでしょう(CATV山形提供)。

b0219534_15534275.jpg


b0219534_15565057.jpg


[PR]
# by risingisland1959 | 2015-04-11 16:05 | Comments(0)

宮城牡鹿半島の付け根に位置する小さな離島も東日本大震災で壊滅的な被害。復旧・復興に向け何とか応援したい!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30